Gerolian

Webサイト制作でのメモ等

[raspberry] ペット用の自動給水装置を自作してみた

2015年3月2日

兄弟がペット用の自動給水装置にいいのがないと言っていたので作った

経緯

最近はペットショップで自動給水マシンなんて売ってるけど、どうもそれだと細かい調整ができなくてどうにかならんかと困ってた様子(垂れ流しではなく時間指定で指定しただけ水が出るなど)
給油機と合わせて+タイマーで自作していたようだけれどそちらは細かい時間調整がうまくできなく等…

作成にあたり

raspberryと組み合わせればいけるんじゃ? とか思ってとりあえず着手
自作の自動給水にどんなのがあるか調べてみるとこんなかんじの記事が↓
y2aqua » 自動給水装置の製作(灯油ポンプ改造型 )
灯油ポンプと組み合わせればいいっぽいのでとりあえずそれをベースに作成開始

必要なもの

  • raspberry
  • 灯油ポンプ
  • 適当な電子パーツ
  • Webカメラ(動作確認&ペット監視用)
  • Bashやらphpやらsqlやらhtmlやらの知識

途中で色々失敗したので予算はかさんだけれど、最終的に必要になるのは7000円もいかないかな
(ここが痛かった。 失敗談はまたいつか)

設計について

①raspberryにhttpサーバを立てて スマホなどからアクセス
②給水ボタンやら時刻設定やらをしてあとは時間まで放置
③raspberryのcron機能を使って登録された時刻になったら灯油ポンプの電極に電流を流すように制御
④給水が終わったら登録されているアドレスに対して、webカメラで撮影されたペットのgif動画と共に完了メールを送信
⑤やったね!ペットは喜んでるよ おわり

つくりかた

ほぼプログラムネタになるので割愛&後日

こんな感じ … (取り付けてない)

ポンプとraspberry(ブレッドボードの下)、webカメラがついてる状態↓
[オリジナルサイズ]

raspberry自体はこんなん (Webカメラおまけ)↓
[オリジナルサイズ]

灯油ポンプは邪魔な乾電池部分を切り捨てて直接はんだ付け(後で綺麗にするよ… 汚いね..)↓
[オリジナルサイズ]

管理画面のインターフェース(TOP)↓
[オリジナルサイズ]

管理画面のインターフェース(給水ポンプ手動)↓
[オリジナルサイズ]

管理画面のインターフェース(給水ポンプタイマー)↓
[オリジナルサイズ]

管理画面のインターフェース(動画撮影)↓
[オリジナルサイズ]

管理画面のインターフェース(動画ログ)↓
[オリジナルサイズ]

給水完了と同時に送られてくるgif動画
[オリジナルサイズ]

おまけ (サーボモータでテストしている部分の動画)↓

つくってみて

テスト動画は撮ったけど、給水してるシーンは撮ってなかったことに気づいた(地味だしね)
とりあえずこれでスマホからアクセスして時刻を設定しておくだけであとはその時間にポンプがして時間だけ動くようになったので、あとは外装等々を修正してテストランしてみる
これで安定して動けばポート塞いで出先からアクセスできるようにすればいい感じかなと

実際にraspberryにプログラムした内容とかはまた追って書いていこうと思う

あとやりたいこと

  • 配線を綺麗に&防水用カバー
  • 温度センサー付けて定期的にメール通知
  • 赤外線LEDつけて空調とかの設定をリモコンで変えられるようにとか
  • 回線安定するならgif動画じゃなくてストリームでもいいかも
  • サーボモータ使った機構で餌を出したり片付けたり

…とかとか

さいご

兄弟にはパーツ代で買い取ってもらえるっぽいのでこれでraspberry新型を買ってまた遊ぼうと思う

とりあえずraspberryあれば色々できるよと
少し変わったペット飼ってる人は自作してもいいかもね!



コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。