Gerolian

Webサイト制作でのメモ等

[raspberry] wifiが不安定で接続が切れる

2015年3月17日

raspberryに無線LANアダプタをつけてwifi接続にしていると環境によっては不安定でよく切れる場合があって困っていたのでメモ

どんなのか

初回接続から30分から.. 長いと10時間以上過ぎると突然接続が切れて信号を受け付けなくなる
この状況になると無線LANアダプタが一定期間の点滅をしたりして自力復帰してこない(アダプタによる)

原因

最初はraspberryのスリープかと思って設定を見直してたり無意味にcronを走らせたりしたけれど
信号を受け付けなくなった後にMacとbridge接続したら普通にコマンドを受け付けたので(この時もアダプタはスリープぽい挙動)アダプタ周りでなんかありそう
というかなんらかの理由で接続が切れたら再度接続されるようにはなってないようなので1回切れるとそうなるっぽい
要は再接続すればいいってことなので..

対処1(ボツ)

定期的にipアドレスを取得して、取得できない場合には再接続するようにbashを組んだけれどなぜかうまくいかない(うまく作れてないんだろうけど)

対処2

wicd-cursesパッケージを利用して接続情報を設定していく

設定画面が出るので対象のアクセスポイントを選んで→を押す
[オリジナルサイズ]
あとは設定情報を書いてAutomatically… にチェックを入れてF10
[オリジナルサイズ]

結果として 接続が切れることはなくなった(接続が切れたら再接続するという意味で)

ぷち

今まで無線LANの設定はwpa_passphraseコマンドなどでパスワードを暗号化して所定の場所にいれて.. ということをやっていたけれどそれをやらないでいいっていうのは凄く楽だなと



コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。